みちのこみち

一カ月に二週間は休みたいブログ

フィリピン人の英語発音について

 

こんばんは
フィリピンに語学留学するときの不安要素のひとつに「現地の講師の訛りが気になる」という方が多いのではないでしょうか。かく言う私も、まあそんな感じでした。なので今回はフィリピン人の英語の訛りについて記事にしようかと思います。

 

 

まずはフィリピンという国

フィリピンでは、公用語は英語とされていますが実際には地域によって固有の言語があります。代表的に「フィリピン語」とされているのは「タガログ語」という言語のことになりますが、ほかにもビサヤ語、チャバカノ語という言語もあります。スペイン植民地時代を経て、文化や言語にスペインの影響が残っていますし、フィリピン南部ではマレーシアの影響も受けいるようです。英語が公用語になったのはアメリカの支配下に置かれた時代もあるからだと推測できます。フィリピンの言語や文化は様々な影響を受けていて、意外と複雑なんです。私はフィリピンの専門家ではないので「そう感じた」ということにさせてください。

 

フィリピン人の話す英語

さて、本題に入りますが、フィリピン人の英語は基本的に母語タガログ語やビサヤ語の影響を受けています。そしてそれは、なんというかスペイン語の発音に似ているような気がしました。
たとえばタクシーのおじちゃんの話し方を聞くと、英語のスペルをそのまま読んだ感じ。日本語と同じで母音が少なそうです。タカタカ聞こえます。それに、タクシーの運転手さんや街にいるフィリピン人、つまり英語を日常的に使わない人たちは英語をあまり話せない人も多いです。リスニングはできるみたいなんですけどね。公用語は英語だとしても、やはり日常では皆さん母語で話していました。

 

訛りはあるし、欧米人の話し方ではない

肝心のフィリピン人英語講師のほうはどうなのかというと、見出しの通りです。それでも講師なだけあって、その辺のフィリピン人よりも発音は良いです。それは、彼らが大学を卒業しているからでしょう。現地の先生の話によると、そもそもフィリピンでは初等教育から英語で授業を受けるそうです。その英語のレベルや徹底度はまちまちのようですが。そして金銭的余裕があれば大学に通います。大学では英語が徹底されていて論文も英語で書くそうなので、そこで英語のレベルに差が出るのではないでしょうか。
はじめに戻りますが、現地の講師の英語は訛りがあります。そして欧米人の英語とは違います。もし留学に行かれる方が欧米人の英語の発音に強いあこがれをお持ちなら、気落ちすることもあるでしょう。

 

英語中級者以下には十分

仮に英語上級者を、「ビジネスで英語を使っていてわりとペラペラな人」や「帰国子女で基本的なことは話せます」とすると物足りないかもしれませんが、私を含めそうでない人には十分すぎる先生だと思います。いざ授業になれば先生の発音を気にするよりも自分の英語を向上させなければ授業が成り立ちません。発音のクラスではちゃんとした発音ができる先生につくことができますし、私はそこまで訛りが気になったことはないです。ほかの記事でも触れましたが、「欧米人の英語をそっくりそのまま話せるようにならないといけない」という強迫観念はいらないです。まずは自分の言いたいことをすべて言えるようになってからでも発音を気にするのは遅くないのではないでしょうか。

 

以上、フィリピン人の英語発音についてでした。思った通りに書いたのでただの私の感想と意見になりましたが、誰かの参考になれば嬉しいです。最後まで読んでいただきありがとうございました。