みちのこみち

一カ月に二週間は休みたいブログ

フィリピン・セブ留学で掛かった費用の話

こんにちは
良い夢を見ていて起きてみたら時計が一周していました。夢の中に引っ越したいですね。今日は一か月の短期留学中にかかった費用をご紹介しようと思います。

 

語学学校の費用(約18万円)

費用のなかで一番多くを占めるもの。大きく分けて、
基本料金(授業料、寮費、平日朝と夜の食事)141.000円
その他(入学金、SSP就学許可証、光熱費、海外送金手数料)44.800円
にわかれます。二つあわせて185.800円ですね。

ちなみに基本料金は授業プランや滞在期間によって変わります。私の場合は、4週間滞在して、平日5日間は50分授業(マンツーマン)を8コマとっていました。寮は三人部屋。部屋にシャワーとトイレ付き。
それから、受ける授業によってはテキスト(またはそのコピー)を買わなければいけない場合があります。私もリスニングや発音、語彙の授業でテキストを買いました。テキスト代はちょっと忘れてしまったのですが一冊1000円くらいだったような気がします。

 

往復航空券費用(約7万円)

私はだいたい7万円代(燃油込み)のセブ島往復チケットを購入しました。航空会社はフィリピン航空。フィリピンのマニラで乗り換える便でした。もっと安いチケットもあったにはあったのですが、マニラ乗り換えの時に空港で夜を過ごさなければいけない日程だったのでやめました。私(海外経験は高校の修学旅行の一回だけ)と友人マル(初海外)の女性二人でしたから、そこは安全策を取りました。

 

その他にかかった費用

食事代
平日の朝・夜は寮のごはんが食べられましたので、平日の昼と週末のごはん代がかかります。観光向けのお店に行けば高くなりますけど、一食100円以内で抑えることもできます。意外とフルーツばかり食べていると高くつきますね。

観光代
セブ島はスペインの影響を受けた建築や教会が観光地になっています。展示施設などに行くと数百円の入館料がかかったりします。そのほか観光はアクティビティー系のものもあり、結構高い(5000円~のツアーが多いです)。遊べば遊ぶだけお金は飛んでいきます。

交通費

また、私は観光する移動手段はおもにタクシーを使っていました。初乗り約90円なので日本のタクシーよりも大変安いですが、たまにメーターがついていないタクシーや、ぼったくろうとしてくる人もいるので注意が必要です。一日観光しようとすると結構高くついたりするので複数人で乗った方がお得ですね。

おみやげ代

最後におみやげは完全に個人によると思うのですが、私はほとんど現地の大きいスーパーで済ませました。お菓子とか珍しい食べ物を買って帰ったのでそこまでお金はかからなかったと思います。それにセブ島にはそんなに目玉のおみやげも無いですね。マンゴー石鹸もスーパーで買えます。

 

 

以上がセブ島4週間で使った費用になります。語学学校費用と渡航費で25万円ちょっとかかりますが、その他は節約しようと思えば本当に安く済みます。私ははじめから留学費用を30万円として、その他の部分を5万円くらいでと考えて過ごしました。そして最終的にちゃんと30万円に収まりました。たぶん。
一か月30万円、決して安い金額ではないですが、これでも最安の部類に入ると思います。それになんだかんだ語学力もかなり上がりましたし文句なし!今日はみなさんにセブ島留学の相場を知っていただけたかなあと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。