みちのこみち

一カ月に二週間は休みたいブログ

フィリピン・セブ島に行ったら食べてほしい、マイナーだけどおいしい食べ物ベスト5

こんにちは

本日も「ひきこもりのセブ留学」シリーズ。今回はフィリピン・セブ島で食べたおいしいものを紹介したいと思います。ランキングは「おいしさ」「感動」のほか「手に入りやすさ」も考えて順位付けしました。では、どうぞ!

 

 

f:id:michicomichi8:20151102133154j:plain

 

第五位

「屋台のチキン」
これは私がOslob(オスロブ)というセブ島の南端のほうの町(村?)に行ったときに食べました。その町では夜になると屋台がひらかれ、チキングリルや得体のしれない肉のグリルが食べられます。野菜はほとんどありません。私は無難に鶏もも肉のグリルとバナナの葉に包まれたご飯を買いました。チキンには甘いバナナケチャップを付けて食べます。鶏肉が異常にほろほろと柔らかくておいしいんです。日本で食べるチキンよりも弾力がなく、触感がちがいます。これはセブ島で食べた鶏肉に共通していたので、Oslob(オスロブ)まで行かなくても屋台でチキンを見つけたらぜひ食べてみてください。ちなみにお腹壊すとかは自己責任です。実は自分も恐る恐るだった(笑)でもそれが海外の醍醐味ですね。

 

 

 

第四位

アイスクリーム「Queso(ケソ)」味
フィリピンでのアイスクリームと言えば、マンゴー味ウベ味(フィリピンの芋の名前、紫色のアイスクリーム)が有名ですが、私は「ケソ」味が一番おいしかった。ケソというのはスペイン語で「チーズ」という意味。チーズのアイスなんです。私が食べたケソアイスはベースがバター味のアイスでチーズのツブツブが入っていました。アイス自体は甘いけど、チーズがちょうどよく塩味でおいしかった。はじめは何のアイスだかわからなくて(ケソってものを知らなかった)疑問に思いつつ食べていましたが、語学学校の先生に教えてもらって発覚した。スーパーやコンビニ(ガソリンスタンド併設のところ)で買えます。

 

 

 

 

第三位

クラッカーサンド「Sky Flakes(スカイフレークス)」
意外かもしれませんが、なんの変哲もないクラッカーサンドが第三位。その理由は「セブ滞在途中まで一番おいしい食べ物だったから」。そのファーストインプレッションはフィリピン航空の機内。強すぎる冷房に凍えを我慢できず飛び降りる寸前だった私を解凍してくれたのは、機内サービスで出された暖かい紅茶とスカイフレークス。紅茶は体に染み渡るし、スカイフレークスは紅茶に合う優しい甘さだし、泣きそうになりながらセブ島の空港までたどり着くことができた思い出のお菓子です。セブのスーパーで発見し、軽食として食べていました。けっこうお腹に溜まってありがたい。味はプレーンとチョコがあります。私はプレーンのほうが好きです。おみやげにたくさん買って帰りました。類似品もあり、それもまたおいしいですよ!

*調べてみたら楽天市場で購入できるみたいです。コストコでも買えるのかな?もうセブ島で買ってきた分はなくなってしまったので超食べたい!

item.rakuten.co.jp

 

 

 

 

第二位

セブンイレブンの「Sio Pao(小包:ショーパオ)」と「ホットドック
セブ島のコンビニは95%セブンイレブンです(私の感覚)。日本のようにパンやお弁当コーナーが充実していない分、ホットスナックが食べ物の中心。「ホットドック」はみなさんわかると思いますが、「ショーパオ」とは肉まんのことです。だいたい店の中央に蒸し器(日本のコンビニの肉まんが入っているケースと同じ)があって、自分でとります。
ホットドックは好きな味のソーセージを選びパンにはさみます。ソーセージはなかなか太いのですが、驚くべきはその触感。「パリッ」ではなく「めっちゃプリッ」。プリップリなんです。腸の種類も違うだろうけど「ほんとにこれ(健康的に)だいじょうぶ?」と思わされるほど。でもおいしいんですよ。この間コストコのホットドックを食べたらすごく近い味がしました。セブのはもっとプリプリだったけどね。

ショーパオは日本の肉まんよりも二倍くらい大きい。具が多いわけではないのですが、ふかふかの蒸しパン生地がほんのり甘くておいしい!具の種類は三種類。私はAsado(アサド)と書かれたやつが一番好きでした。ただ、今でも疑問なのが具に何が入っているかわからなかったこと。アサドは日本のものとあまり変わらない味なのですが、肉の塊が入っているわけではなく、繊維質。もう健康のことを考えても仕方ないと思って割り切って食べてました。おいしいんだもん。

あ、そういえばショーパオやホットドックには飲み物を付けることができます。コストコのホットドックとドリンクのセットみたいな感じで自分で好きな分飲めます。カップはアメリカンサイズ。ショーパオとジュースセットは約100円。ホットドック単品は70円くらい。安く済んでありがたい。語学学校の昼休みによく食べました。思い出の味です。

 

 

 

さあ、注目の第一位は・・・・

(デケデケデケデケデケデケデケデケ・・・)

 

 

第一位

セブンイレブンの「ソフトクリーム」
またセブンイレブンなんですけど、ソフトクリームもおいしいんですよ。これは店員さんに頼んで作ってもらうのですが、勇気を出して注文してよかった!大きくて、ワッフルコーンが食べ応えあります。値段は約45円。信じられますか。

バニラ味もチョコ味もさっぱりしていて、濃厚とはちがうおいしさがあります(お店によって味が違うことがあります)。安いしおいしいから現地のフィリピン人もよく食べているところを見かけました。大人気ですね。ボリュームがあるのでこれもよくお昼ご飯の足しに食べていました。おすすめですのでぜひ頑張って注文してみてください。

 

 

以上、「フィリピン・セブ島に行ったら食べてほしい、マイナーだけどおいしい食べ物ベスト5」をご紹介しました。セブ島の食べ物は安く、おいしいものが多いです。ぜひ色々と挑戦してみてください。今回は「ごはん系」は紹介しませんでしたが、それはまたいつか。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。