みちのこみち

一カ月に二週間は休みたいブログ

【セブ語学留学】寮で暮らすときの予備知識【お風呂・洗濯編】

こんにちは
最近アメリカのドラマ「Glee」を見ているのですが、アメリカの学校ではあんなに毎日が大変なのでしょうか。スクールカーストや成績、クラブ活動…。私なんかは生き残れないわ!本日は【セブ語学留学】寮で暮らす予備知識の続きで【お風呂・洗濯編】となります。

 

f:id:michicomichi8:20151110231541j:plain

 

 

お風呂について

シャワールームは1メートル四方くらいの広さを板で囲ったスペースでバスタブはありません。当然あまりきれいとは言えない。しかしシャワーはクソ熱いお湯が出ますので恵まれています。慣れれば温度の調節もお手の物です。滞在していた一か月のうち一日か二日お湯が出ないこともありましたが、そこまで不自由しませんでした。ただし桶など水をためておく方法がありません。水圧弱めのシャワーじゃシャンプーが流しきれない!ジャバっとお湯をかぶりたい私はスーパーで売っている5リットルくらいの水を買ってきて、そのボトルに穴をあけて使っていました。日本から風呂桶を持っていくのはかさばりますから、現地で調達するのが良いかな、と思います。

それからシャンプー類は日本から持っていきました。フィリピン人は基本的に固形石鹸で頭と体を洗います。スーパーに行けば手に入ります。Doveなども売っているには売っているのですが、日本と同じ値段かそれ以上するので、一か月くらいの滞在でしたら日本からお気に入りのものを持って行った方がいいでしょう。

 

ビオレ トラベルセット

ビオレ トラベルセット

 

 

 

洗濯について

洗濯は基本的に自分たちでやります。お金を払ってやってもらうこともできますが、私はそんなにたくさん服を持って行っていなかったので自分たちで二日に一度やっていました。そこで問題だったのが洗濯洗剤干すところ

洗剤については、私たちはコンビニで二回分パックのダウニーを見つけたので、一か月分買い込んで使いました。持っていく手間が省けたと言えばそうですが、セブ留学二度目のプロ、寮で同室のシゲちゃんは日本から持ってきていました。一か月以内の短期滞在ならば原地で買っても荷物的に良いと思いますが、それ以上になると日本で安くなっているときに買っていた方がお得かも。

次に干すところについて。洗濯場の屋上には一応干すところもあります。でも錆びた金属の線に干すことになるんですよね。外はほこりも気になるし、ほかの方の洗濯と混じる可能性もあるので部屋に干すことにしました。どうやって…?先にあるように、部屋にはクローゼットとベッドしかありません。そこで私たちはロープを買いました。けっこう探すのに苦労したのですが、スーパーでよくよく探すとありますので店員さんに聞くなどして頑張って探してください。部屋に戻って壁に打ち込まれている釘(たぶん先人もロープを使っていたのでは…)にロープを結び、電線のように渡します。そしてそこに洗濯ものを掛けることにしました。洗濯大革命!ロープを掛ければかけるだけ洗濯物を干すことができますし、なんだかジブリみたい!と洗濯が楽しくなりました。実際はパンツやブラが恥ずかしげもなく干されているのですけどね。

 

どこでも洗タクぱっく 液体石けん2個付

どこでも洗タクぱっく 液体石けん2個付

 

 

以上、いかがでしたでしょうか。やはり海外で何日も滞在するといろいろなことがありました。慣れないことも多く、大変そうと思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。でもひとたびその環境に置かれれば「やるしかない」ってなっちゃいますよ!それから私の場合は友人マルがいてくれて本当によかったと思います。彼女のおかげでセブでの一ヶ月間が良い思い出になりました。みなさんの留学も良いものになりますよう。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。