みちのこみち

一カ月に二週間は休みたいブログ

今のところ敵なし!森永のチーズスティックはチーズ系アイス№1なんじゃないかなあ

こんにちは
冬こそアイスが食べたくなります。近頃はアイスのクオリティ合戦で味、値段ともに上昇してますね。値段が上がっているとはいえど数十円。それでいてハーゲンダッツなどお高いアイスに勝るとも劣らないおいしさですから庶民にはうれしいです。ありがとうございます。今日は私が食べたなかでダントツ一位を誇るチーズ系アイスをPR?したいと思います。チーズ系アイスがあまり好きでい方はごめんなさい。

 

森永 チーズスティック 30入
 

 

森永「濃厚!まるでチーズケーキのよう…チーズスティック」

皆さん食べたことがある方も多いのではないでしょうか。これ、おいしいですよね?今日この森永チーズスティックと明治エッセルスーパーカップ(レアチーズケーキ)を食べ比べしたんですが、比べられないほど森永チーズスティックの圧勝でした。チーズの濃厚さがちがいます。もちろんスーパーカップさんは長年お世話になっていますから、悪く言うつもりはありません。ただ、今日はスーパーカップさんには森永チーズスティックさんのダシとなってもらいましょう。

 

 

森永チーズスティックのおいしさ

私にとっては高級デザートのチーズスティックさん。100円くらいですけどね。良いことがあった日にご褒美として食べたいですね。アイスは15センチほど、内容量63ml(以前よりも小さくなったような気がします)とお上品なサイズですが、味の濃厚さ、ビスケット部の食べ応えからひとつで十分満足してしまいます。パッケージもオレンジでかわいらしい。裏をよく見るとチーズスティックのオリジナルキャラクター、熊のティックがいます。熊を選ぶところが良いですね。雪見大福にはウサギ、チーズスティックには熊です。

 

 

 

おいしさの秘密

そのおいしさの秘密は森永チーズスティックがアイスクリームであること。アイスってよくアイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、氷菓と区分されていますが、森永チーズスティックはこの中のアイスクリームに入ります。ちなみにスーパーカップはラクトアイスですね。

厚生労働省が決めているアイスクリームの種類別の名前です。アイスクリームとは乳固形分15.0%以上 (うち乳脂肪が8.0%以上) 入っているもの。アイスミルクとは乳固形分10.0%以上 (うち乳脂肪が3.0%以上) 入っているもの。ラクトアイスとは乳固形分3.0%以上入っているものです。
この他に氷菓 (ひょうか) があります。乳固形分がラクトアイスより低いか入っていないものです。 http://www.ezaki-glico.com/qa/products/icecream/answer/a01.html

そしてパッケージをよく見てみると、アイスの部分の20%ほどがチーズ(クリームチーズ83%、チェダーチーズ15%)のようです。これに対し、スーパーカップさんは乳製品と記載があるもののチーズとは書かれていない。これは比べてしまうとチーズ系アイスとしてのこだわりの差とうかがえます。

 

 

今のところ敵なし

とりあえず森永チーズスティックのおいしさを表現しようとしてみたものの、実際に食べたほうがいいですよね。食べたことがある人も、まだ食べたことのない人も、この冬一度は食べることをお勧めします。濃厚系チーズアイスですから、やはり夏よりも冬のほうがおいしく感じるのではないでしょうか。それから森永チーズスティックさんよりおいしいチーズ系アイスがあるのか。名乗りを上げるアイスがあればぜひ教えていただきたい。

 

 

以上、いきなりアイスクリームの記事なんて書いてみました。好きなこと書いても良いんですもんね、ブログって。あーおいしかったおいしかった!アイスで憂鬱な気分も吹き飛びました。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。